セックスへの執着心がすごいメンヘラの後輩

現在私は24歳男性で、今回お話しする相手の女性は高校の部活の後輩で2学年下の女の子です。どちらも未婚で、彼女は一般的に見れば中の下くらいの顔という評価でしたが、自分は結構好みで、何より部活を通して自分によく慕ってくれていたので自然と仲が深まっていきました。

彼女と知り合ったきっかけは勿論部活動で、彼女が自分の事を好きだという噂を耳にして以来僕は彼女の事を意識するようになっていきました。
そうして微妙な距離感のまま僕は部活を引退してしまうのですが、卒業式の日に彼女から告白されたことをきっかけに交際をスタートする事になりました。

付き合うまでは彼女は普通の素直な女の子、というような印象を持っていたのですが時間が経つにつれてメンヘラと言って差し支えがないレベルである事が発覚していきました。とにかく束縛が深く、ラインを1日中するのは当たり前で他の女性と関わるだけでもかなり起こるといった具合でした。

セックスの際も執着心が凄く、「私の前以外では射精するの禁止」と言われ強制的にオナ禁をさせられたり、目の前でオナニーするところを見せろと言われて言われるがまま、という事もありました。

一番やばい体験はある夏祭りでの事です。
彼女はなんとノーパンで浴衣を着てお祭りに来たのです。
「これであなたをどれだけ愛しているか証明してあげる」という事らしく、僕は彼女が人様に見られないようにかばいながら一緒に歩いていました。
それで彼女はご満悦になり、その日はとても機嫌が良かったことを覚えています。
そしてその夏祭りのフィナーレは神社裏での秘密のセックスです。

すでにノーパンで僕に抱きかかえられていたことに興奮していたらしい彼女の秘所は濡れて準備万端になっていました。
それを見た僕も我慢できずにおちんちんを膨らませていました。
その後のセックスはとにかく背徳感と誰かに見られないかというスリルがあってとても興奮して気持ちよかったのを覚えています。

セックスが終わった後で彼女は「これで私はあなたのモノだからね」と言って更に束縛が激しくなり、僕が少しいないだけで病んでしまうようなメンヘラが加速しているように感じています。勿論メンヘラが治って少し依存度が下がってくれれば僕としても助かるのですが、言い換えるとメンヘラは僕への愛情の表れでもあると思っているので少しばかり誇らしく思っている面もあります。

彼女が僕が居ないと壊れてしまいそうという事もあるのですが、僕自身束縛されることに喜びを感じつつあるので今も彼女との関係は続いています。
高校から続いている関係なので今では6年の仲になりますが、お互いにそれなりには上手くやれていて結婚を視野に入れてお付き合いを継続しています。
しかし僕には1つだけ不満があり、それはたまにはセックスの際に僕が主導権を握ってみたいという事です。

この前は僕のアナルを好きに虐めたいと言っていたので、それを交換条件に今度は僕が彼女を責めてみたいなと思っている今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です